心臓の悲鳴を聞く

心臓を取り巻く血管が完全に詰まるのが心筋梗塞
その前の欠陥が狭くなった状態が狭心症
まだ心臓の細胞が死んだり心臓が止まることはない
狭心症のときに見つけるべき
普通の肩こりなどではないと自分で気が付くべきヒントは、運動をしたときにどこかが痛くなる。
運動は動けば動くほど心臓にも負担がかかるのでその時の痛みは心臓に問題があるのではないかと疑いましょう
55歳以上は一年に一回は運動負荷心電図を受けると良いでしょう。
全額負担でも7000円から8000円ほどでできます。
ステント治療をした人は15年以内にまた心筋梗塞になる可能性は30%です。
だから治療をして良かっただけじゃなく、生活も改善していかないとまた同じようなことになるわけですね。
心臓だけでもなく食生活を気を付けるのは他の病気へのリスク回避にもなる

コメントは受け付けていません。