偽の通販サイトが横行

偽の通販サイトが横行しているというニュースを見ましたよ。
消費者庁はサイト名を公表しているそうですけど、そういうのってすぐに変更できるからいたちごっこなんですよね。
一万円が半額以下になっていたが不審に思わなかった人銀行に振り込んだけど品物が届かない等で気がつくみたいです。
Twitterで詐欺だからやめた方が良いというのがあったとか、後の祭りですね。
見分けるのには、URLをちゃんと見る。
正規のショッピングサイトの場合、.jpや.comdですがtopやdddは個人でも簡単につくれるそうです。
クレジットカードが使えないとか不自然な日本語だったりすると、すぐに気がつきますけどアドレスはあまりみませんね。
大手企業の会社名にみせかけるとか巧妙になってきて嫌ですね。

コメントは受け付けていません。