「人面痩探偵」

中山七里さんの「人面痩探偵」を読みました。
あらすじとしては、タイトルの通り人面がある探偵が主人公です。
相続鑑定士の三津木には痣があり、それは意思を持ち、彼と話す。
まあ、ちょっとしたホラーですね。(笑)
相続の鑑定に行った先で殺人事件があり、彼が探偵となるわけですがどちらかというと人面の方が知識があって探偵っぽい。
最後の最後にひっくり返すので有名な中山さん。
とりあえず、世話をしている久瑠実が怪しいなぁとは思っていました。
人が亡くなりまくり、最後に久瑠実に話しかけたので、やっぱり?
と思ったら、黒幕を知っていたけど、黙っていたというもので少々拍子抜けでした。
しかし、「あの人、なんで一人でしゃべってんの」って。
そういうひっくり返しか!と。さすがは中山さんです。

コメントは受け付けていません。