左遷先の刑事たち

初読み作家さんの本を読みました。
主人公は優秀だけどコミュ障で突っ走って失敗する刑事の真々田です。
左遷された先には皆同じタイプの人集まってきている、という設定です。
彼は捜査一課に戻って事件を扱ってそれを題材に小説を書きたいという珍しい理由があります。
その他の同僚の中々個性的なんですけど、詰め込み過ぎですね。
同僚の軽くない過去が出てくるのにさらっとしていてページ数もさけないくらい入れすぎ。
色々あってここにきたとしても、本筋とは関係ないのにドラマティックすぎ。
そして真々田の少しずつ明かされる家族のことも最後に出すわけですが、こちらも駆け足。
旅行かもしれない失踪事件を調べていく内に大きな事件になるのは良いけれど、途中からガシガシ詰め込まれていて落ち着きませんでした。

コメントは受け付けていません。