若くして急死した選手

メジャーリーグで若くして急死した選手がいてその報道を見ました。
追悼をする気持ちは選手にもその球団や地元のファンにはあります。
そうれはそうだけど、急死した同僚への追悼の一打とかマスコミの勝手な解釈というか言い回しにはうんざりさせられます。
なんでもかんでも、キャッチーな一文をつくるのはやめて欲しい。
人々が食いつくような一文にしなければならないんだろうけど、白々しいにばからしい。
映像でも二人が仲良くしているシーンが残っています。
亡くなった友人への気持ちはその人達しかわかりません。
外野の視聴者へ変にドラマチックな内容風にするのは嫌な気持ちにさせられます。
すぐに「親友」とかつけるけど、本当にそうなのかわからないのでいつも懐疑的になります。

コメントは受け付けていません。