隠れている貧血がある

鉄分はフェリチンという肝臓にたまっているもので、そこから必要な鉄分が血液に送り出されています。
常に送り出されている状態です。
フェリチンが減ってくると検査では分からないのに、鉄分も減ってきている状況です。
いずれフェリチンがなくなって貧血に陥ってしまうので注意が必要です。
女性は良性の子宮筋腫があるのが原因になることがあります。
良性なら子宮筋腫はそのまま経過観察ということがあるので、それとともに貧血も気にすることになるんですね。
鉄欠乏性貧血は偏食やダイエットをしていることも影響します。
ほうれん草は血液の吸収を妨げるシュウ酸があるので注意!
レバー、カツオとか、あまり食べないなぁ。
コーヒーやお茶のタンニンも血液の吸収を防いでしまうって気を付ことだらけですね。

コメントは受け付けていません。