自分はバカかもしれないと思ったときに読む本

竹内薫さんの『自分はバカかもしれないと思ったときに読む本』を読みました。
なによりもこのタイトルのインパクトといったらありません。
タイトルだけでこの本を読もうと思うのってなかなかないですよ。
彼の言う「バカ」はそのままを示すものではなく人生においての打開策の一つを教えてくれるものでしたね。
人によって差はありますが、個人が信じるモノは多々あります。
極めると言えば聞こえは良いけれど、人生においては妥協も必要です。
頭の硬い人には柔軟な考え方のひとつを持つことにより自分自身が素直に楽になれますよって言っているように私はとらえました。
自分はそんな人じゃないから参考にならない、というところもありましたけどやっぱりこれからの考え方を見直すきっかけにもなりました。

コメントは受け付けていません。