感情移入をするような人物がいない

岡崎琢磨さんの「病弱探偵」を読みました。
最近知った作家さんで、初読みの本が良いところもあり、イマイチなところもあり、でとりあえず他の本も読もうと思ったわけです。
しかし、今回の本でもうわかりました。
おそらく私には合わない作家さんなんだろうなと。
軽いタッチだし分かり難いわけでもありません。
残虐なシーンがあるわけでもないので作風の好みは一致しています。
でもなんで気に入らないのか?
おそらくどの本にも私が気に入りるような登場人物がいないからだと思います。
嫌いじゃないけど、感情移入をするような人物がいないのは致命的ですね。
こうなってくると芸能人のあの人がなんとなく嫌い・・・という感覚に似ているような気がします。