謎の脳卒中

東北では東日本大震災が起きてから脳卒中の患者が増えていました。
さまざまなストレスや体調不良で血圧が変化することがわかっています。
そんな脳卒中を封じ込める働きをしているところがあります。
この取り組みは阪神淡路大震災から教訓を得ています。
教訓を生かす働きがあることをもっと多くの人に広めるべきだと思います。
280人中、140人が改善した方法
睡眠がしっかりとれないと血圧が変動してしまう。
血管の柔軟性を回復させることが重要
睡眠の質を上げる、有酸素運動、減塩が必要です。
血管が硬いと血圧の調整するのが鈍くなる
緊張がとけると血管は柔らかくなる。
一定時間の睡眠をとることによって交感神経が抑えられて血管が柔らかくなる
夜中に目が覚めないことが重要。
焦って眠ろうとしないで十分に眠くなってから床につく方が良い睡眠を得られる。
詰まった箇所が増えてくると認知症や転倒のリスクが増える。
高血圧、認知症、転倒の初期のサイン
血圧変動の主な原因はストレス