偽の通販サイトが横行

偽の通販サイトが横行しているというニュースを見ましたよ。
消費者庁はサイト名を公表しているそうですけど、そういうのってすぐに変更できるからいたちごっこなんですよね。
一万円が半額以下になっていたが不審に思わなかった人銀行に振り込んだけど品物が届かない等で気がつくみたいです。
Twitterで詐欺だからやめた方が良いというのがあったとか、後の祭りですね。
見分けるのには、URLをちゃんと見る。
正規のショッピングサイトの場合、.jpや.comdですがtopやdddは個人でも簡単につくれるそうです。
クレジットカードが使えないとか不自然な日本語だったりすると、すぐに気がつきますけどアドレスはあまりみませんね。
大手企業の会社名にみせかけるとか巧妙になってきて嫌ですね。

「人面痩探偵」

中山七里さんの「人面痩探偵」を読みました。
あらすじとしては、タイトルの通り人面がある探偵が主人公です。
相続鑑定士の三津木には痣があり、それは意思を持ち、彼と話す。
まあ、ちょっとしたホラーですね。(笑)
相続の鑑定に行った先で殺人事件があり、彼が探偵となるわけですがどちらかというと人面の方が知識があって探偵っぽい。
最後の最後にひっくり返すので有名な中山さん。
とりあえず、世話をしている久瑠実が怪しいなぁとは思っていました。
人が亡くなりまくり、最後に久瑠実に話しかけたので、やっぱり?
と思ったら、黒幕を知っていたけど、黙っていたというもので少々拍子抜けでした。
しかし、「あの人、なんで一人でしゃべってんの」って。
そういうひっくり返しか!と。さすがは中山さんです。

花咲くゼリー

花咲くゼリー、というのをテレビではじめて見ました。
透明なゼリーの中に食べられる花が作られているゼリーです。
穴をあけて花びらをつくる。
見た目はいいけど、どう考えても美味しくなさそうなゼリーです。(笑)
しかも、長時間かけてつくるから埃だって入りまくりだし不衛生だなとしか思えません。
見た目を重視した食べ物って、味は大味だったりするのは昔のイメージだからでしょうね。
今はそういう味も美味しいように出来ているそうです。
だとしても、キャラ弁と同じように、ちまちまと作業をしているというのがやっぱり嫌かな。
見た目よりも味と健康被害がないことの方が私にとってはとても重要ですよ。
写真に撮って人に見せたい欲求の人が多いからこんな現象も増えているのかもしれませんね。

特殊な地域

東京の千代田区は住民一人に12万円を支給すると発表がありました。
国からは10万円でしたが、なんとびっくり12万円もなんてすごいですね。
財政調整基金というのは自治体の貯金であり、災害などの不慮なことがあった場合に貯めているお金のことです。
23区の中で対応できるところがあるんですね。
人口は最も少なく、そして大企業が多いのが千代田区の特徴です。
お隣りの台東区は住民は20万人だけど財政調整基金は千代田区より少ないそうです。
そうやって資金が多いところなんて少ないでしょうね。
自分の住んでいるところの近くでそんな補助が受けられるなんて、仕方がないけれど悔しいですよね。
見切り発車で税金を使いまくる政府にも見習ってほしいです。

自由を逆手にとって人を傷つける

東京オリンピックの大会エンブレム。
そのエンブレムがコロナウィルスの形にする神経が理解できません。
だってコロナエンブレムを見たときに、胸が痛みましたからね。
亡くなっている人もいるのに、なんでこんな軽く扱うんでしょうか。
無断使用したとしてデザインを取り下げて撤回するってあたりまえだろと思います。
でも表現の自由について議論するべきではないとか、謝罪しきっていないところが嫌ですね。
心無い過去にも風刺をしていたようです。
日本はパロディ風刺について厳しいとか、あんたらが言うか?
表現の自由は権利を主張しすぎることがあります。
自由だろうけど、その自由を逆手にとって人を傷つけても良いというとらえ方はおかしいですよ。

無理なく止められる

子供の頃からほとんど毎日のようにスナック菓子を食べています。
ポトテチップスばかりだし、甘い物としてチョコレートも食べます。
夕飯以降の19時半頃から何も食べずに就寝するせいか、こんな生活でも太ることはありませんでした。
しかし歳を取るとやっぱり肥えていきます。
あとは健康面も気になるし、ということでスナック菓子を食べるのを止めました。
でもおせんべいとか米粉でできたお菓子などは食べています。
先日、久しぶりに今まで購入していたポテトチップスを購入して食べて見ました。
楽しみだったのに、食べても前ほど美味しく感じませんでした。
もっと早く止める事は出来たんだなと思ったら行動が遅かったな後悔しました。
無理なく止められることはわかりました。

転売が禁止になったマスク

わざわざ調べたりはしないけれど、転売が禁止になったマスクはどこに行ったんでしょうかね。
お店が開く前からならんで購入していたのは中国系の転売人ばかりだと思っていたら、時間だけはたっぷりあって比較的健康な高齢者も買い占めているようです。
しかもその人達は、悪いことをしているつもりはありません。
中国系の人達と違って転売してもうけようということではないからです。
買えるときに買っておかないと不安になる、戦争を体験した世代だって言われたって迷惑なことにかわりはありません。
あとは身近な人に配るためという理由もあるようですが、やっぱりやめてほしいです。
国が全部買い上げてネット予約とかで売ればいいのにと思ってしまいます。

ニーズが合致する?

2025年まで希望者は65歳まで雇用すると決まっているそうです。
ご存知でした?ちょっとあまり関係ない感じがしてあやふやなまま覚えていたかなぁ。
74歳定年法は定年延長を求めるなどなど。
企業は努力義務として取り組まなければならないって大変ですね。
結局は必要な人にはいつまでも務めて欲しいけれど、使えない老害はさっさと辞めてほしいからそれがまた難しいんですよね。
政府は年金生活の人を減らしたいというもわかります。
元気な60代にはお金をもらうのではなく支払う人達にしたいわけですね。
年金受給を75歳にする案もある。
いったい何歳まで働くんでしょうかね。
働きたいという人とまだまだ会社にいてほしいというニーズが合致することのほうがまれまもしれません。

捨てられなかったもの

何かに使うかもしれないと、とっておいたものを本当に使うことになるのは1割くらいですね。
いま現在、100円で売っている化粧水をドバドバ使っているのですが、その空き容器をとっておいていました。
化粧水のラベルがこれがまた綺麗に剥がせるタイプなんですよ。
剥がすのが面倒であれば再利用しようなんて、そもそも考えませんからね。
綺麗に剥がせてただのプラスチックのボトルになるわけです。
乳液だったら中身はベタベタしているけど、化粧水だから洗えば綺麗になります。
あらゆる理由から、とっておいたのですが10本以上になっているのを見て目が覚めました。(笑)
幸い燃えるゴミに出せる地域なので、少しずつゴミに出していこうと思います。

高額の食パンブーム

「食パンブーム」になっていますけど、私は興味がありません。
柔らかいとか生だとかいろいろ言われていて、通常の何倍の値段なのに行列とか予約待ちとか。
パンになにもつけないのであれば、いろいろ入っていても良いけれど基本的には何かしらつけるので拘りはないです。
あとは、お店の名前がラノベみたいに長くて意味不明なところが増えているのがちょっとなんとなくですけど嫌な感じです。
奇抜な店名でブームになるのは簡単でしょう。
それでそのあとは?
まあ、そういうことはご本人達も承知しているでしょうけれど考えなしのような印象を持ってしまいます。
まずは店名が売れる事というのが必要なのかもしれません。
でも同じことを考えている人がたくさんいるのは興醒めです。